FC2ブログ


朱夏 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



指きり(沖千)

【汀 亭】樺原 恵 様から頂きました。








「指きり」


 ――君の細い指が好きだ。


 白い頬にかかる髪を払う指先。
 考え事をする時に、無意識に下唇に当てられる人差し指。
 眠っている僕の手に触れてきた君の手は、少し冷たくて微

かに震えていた。

 「目は口ほどに物を言う」
 そんな言葉があるけれど、君の場合は、
 「指先は口ほどに物を言う」
 ……だと思うな。
 僕を励ます言葉の裏側で、君が指先の震えを隠すために
きつく握り締めていたのを知っている。

 (好きだよ)

 何度も心の奥底で語りかけた言葉。
 薬を差し出す度に、祈るような瞳で見つめてくる君。
 最初は正直、その眼差しを鬱陶しく感じていた。

 ――自分が罹った訳でもないくせに。
 ――この苦しさと痛みが分かるものか。

 そんな気持ちで一杯で、君の顔を見る度に苛立って、わざ
と冷たくあしらい薬にも手を付けなかった。

 それでも君は諦めず、毎日のように薬やらご飯やらを持
って僕の部屋へとやってきたね。
 あんなに冷たく無碍にされても、にこにこと笑みを浮かべて
来るのだから全く呆れてしまった。
 その笑顔と根性に負けて、薬に手を伸ばした時、君は顔に
微笑みを浮かべていても、その祈るように組まれた手は、力
を込めすぎて蒼白く変わっていた。

 (……ごめん)

 君がそんなに僕の生を望んでいてくれてるとは思ってもい
なかった。僕の冷たく凝った心は、いつの間にか皮肉と猜疑
の紗の向こうからでしか、人を見ることが出来なくなっていた。

 「刀が持てず、役に立たなくなった『沖田総司』を本気で心
配する奴なんていない」

 ……そんな自虐の海で漂う僕を、もう一度「生きたい」と思
わせてくれたのは、君のひたむきで真直ぐな姿だった。

(愛しているよ…)

 君が望んだ、ささやかな幾つもの約束。
 そのどれもに頷けなかった僕を、どうか許して欲しい。
 (約束は未来のある者が交わすべきもの)
 叶えてやれるか分からない僕は、どうしても頷けなかった。
 一つ叶ってしまったなら、次を望んでしまう。
 ……それが、とても怖かったから。


 時折、一人横たわる闇の中で儚い夢を見る。
 君の白く細い小指に、己の小指を絡ませて、たった一つの
約束を交わす姿を。
 嬉しそうに微笑む君。それを見て幸せそうに笑う僕。 

 (いつか、陽だまりの中で、何の憂いもなく君を腕に抱くこと
ができたなら…)

 布団から手を伸ばし、握った右手の小指をそっと立てた。
 その小指に、細い小指が絡まるのを見た気がした。

           
                           了



              

               
沖田さんは、一番伝えたい言葉をいつも胸に秘めいるような気がします。
大切で、大好きな人であるほど、素直になれない意地っ張り…。
切なくて、愛おしい…。静かで優しい時間をいつも頂いております。
【汀 亭】様へはこちらから。
ご訪問の際は、マナーの厳守をお願い致します。
                
【汀 亭】 管理人/ 樺原恵 様

汀亭様


▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://shuka1012.blog109.fc2.com/tb.php/319-2cb39f77

 | HOME | 

プロフィール


みゃう

Author:みゃう
誕生日。総司の命日
原田左之助溺愛中

足し算よりも引き算の文字書き
重箱の隅を突いて丸くするのが夢





さの向上委員会


応援してますv


都々逸


ブロとも一覧



皓月庵


MAIL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。