FC2ブログ


朱夏 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ぐらつく(薫)


ぐらつく



今になって思えば、自分は男であって良かったかも知れない。
欲されたのは「雪村の血」だけ。
理不尽に責められた怨恨は、終生消せるものではないが、
奴らも渇望した「雪村の血」を手に入れる事は叶わなかったのだから、ざまあみろ、だと思う。

望まれて生まれてきた筈。
一つの命が二つに裂かれ、異なった性別が与えられたことを、抗えない力の気まぐれとは思いたくない。
いつか、きっとありのままの自分が受け入れられる場所が在る筈と、強く言い聞かせて生きてきた。

一緒に暮らそうと乞われたのは初めてだった。
土佐の下級武士。
今は調度も満足に揃えてやれないけれど、大義名分が果たされた後に必ず幸せにすると、真顔で懇願された。
他人の人生を惑わせるとは、自分の女装も大したものだと思う。
こんな仮初めの姿に騙される男を、哀れとついでに嗤った。
だけど。
その笑みすら可愛いと言われたら、どうしたらいいのか判らない。

素性を明かす訳にもいかず、どう諦めさせたものかと思案していた矢先。
三条大橋で幕府の制札を引き抜く。
そんな子供騙しな任務に就いた男は命を落とし、あっけなく幕切れた。

新しい時代へと変わる手助けを為し、好いた女と所帯を持つ…。
生き延びたとしても、叶う事は無かった夢。
それでも。
初めて自分を望んでくれた男の夢を、打砕く事無く見送って。
皮肉で、滑稽で。けれど最高の結末だと、泣き嗤った。

(終)

みゃうへの三つのお題から【ぐらりとこころが揺れました】


 | HOME | 

プロフィール


みゃう

Author:みゃう
誕生日。総司の命日
原田左之助溺愛中

足し算よりも引き算の文字書き
重箱の隅を突いて丸くするのが夢





さの向上委員会


応援してますv


都々逸


ブロとも一覧



皓月庵


MAIL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。